PR

無資格医療のペルー人、腫瘍摘出の疑いも 覚醒剤「解毒」うたい点滴、容疑で再逮捕

PR

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 医師資格がないペルー国籍の男が「デトックス(解毒)」名目で覚醒剤利用者らに点滴を打つなどの医療行為をしたとされる事件で、男がメスを使った腫瘍の摘出手術も手がけた疑いがあることが15日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁蔵前署は同日、医師法違反容疑で、住所不定、職業不詳、サコダ・ベガ・ヒロシ・ガブリエル容疑者(26)を再逮捕した。同署の調べに「弁護士と相談してから話す」と認否を留保している。

 捜査関係者によると、サコダ容疑者は、メッセージが一定時間で自動的に消去されるなど、秘匿性の高い通信アプリ「テレグラム」で、注射などの希望者を募集。メスを使った良性腫瘍の摘出や、縫合手術を行った疑いもあるという。

 自らの経歴について「京都大医学部出身の医療従事者」などと説明していたといい、1人につき数万円の報酬を得ていたとみられるが、知人には無料で実施することもあったという。

 再逮捕容疑は昨年7~10月、都内のホテルなどで10~30代の男女6人に、無資格でビタミン剤などを点滴注射したなどとしている。

 昨年10月、点滴を受けた男性とトラブルになったサコダ容疑者が自ら110番通報。入管難民法違反(不法残留)容疑などで逮捕され、無資格の医療行為への関与も浮上した。

この記事を共有する

おすすめ情報