PR

交番相談員襲撃で逮捕の男「警察官殺そうと思った」

PR

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

 埼玉県志木市で交番相談員を襲撃して負傷させたとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された男が「警察官を殺そうと思った」と供述していることが12日、県警朝霞署への取材で分かった。同署が経緯を調べている。

 署によると、男は同県新座市東北、無職、加藤耕太郎容疑者(21)。「遺失届の手続きに来た」と交番を訪れ、カウンター越しに対応した相談員の男性(65)がメモを取ろうと後ろを向いた瞬間、刃渡り約16センチの文化包丁で左腕を数回切り付けたという。

この記事を共有する

おすすめ情報