PR

銚子電鉄の事務所で空き巣被害 千葉 現金盗まれる

PR

壊された銚子電鉄犬吠駅の事務所の扉=10日午前、千葉県銚子市(同社提供)
壊された銚子電鉄犬吠駅の事務所の扉=10日午前、千葉県銚子市(同社提供)

 千葉県銚子市のローカル線「銚子電気鉄道(銚子電鉄)」の犬吠駅の事務所で扉が壊され、現金が盗まれていたことが10日、同社への取材で分かった。同社は銚子署に被害届を提出した。

 銚子電鉄は経営難が続き、地元特産のしょうゆを使った「ぬれ煎餅」の販売やユニークなイベントなどで全国にファンが多い。同社では昨年10月に別の駅で待合室の時計が盗まれる被害もあり、担当者は「頭に来るのを通り越して残念だ」と話した。

 同社によると、10日午前8時ごろ、清掃員が事務所の木製の扉が壊されているのに気付づき、引き出しに保管していた現金約2千円が盗まれているのを確認した。室内に大きく荒らされた形跡はなく、金銭目的で侵入したとみられる。

 銚子電鉄は銚子駅から外川駅までの市内約6・4キロを走る。被害のあった犬吠駅は関東最東端の犬吠埼の最寄り駅。

この記事を共有する

おすすめ情報