PR

酔って寝た人から腕時計窃盗し売却か 容疑で2人逮捕

PR

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

 他人名義の健康保険証を使い、高級腕時計を買い取り専門店で売却して現金をだまし取ったとして、大阪府警捜査3課は10日、詐欺容疑などで、韓国籍で大阪市天王寺区北山町の無職、張智博容疑者(31)ら男2人を逮捕したと発表した。同課は、張容疑者らがミナミや北新地など大阪の繁華街で、路上で酔って寝込んでいる人から腕時計や財布などを盗み、換金を繰り返していたとみている。

 同課によると、同市内を中心に昨年8月までの1年間で、張容疑者らが泥酔者から盗んだとみられる腕時計など、少なくとも19点が買い取り店で売却され、中には1点515万円で買い取られた腕時計もあった。

 逮捕容疑は共謀し昨年7月24日、同市淀川区の買い取り店で、他人の健康保険証を使って虚偽の氏名や住所などを記入し、腕時計の買い取り代金として現金1万5千円をだまし取ったとしている。同課は認否を明らかにしていない。

この記事を共有する

おすすめ情報