PR

デリヘル売春疑い4人逮捕 7年で8億円超売り上げ

PR

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 デリバリーヘルス(派遣型風俗店)の女性従業員を売春相手として客に紹介したとして、警視庁保安課は売春防止法違反(周旋)の疑いで、東京都新宿区の「GRAND CAST東京」店長、杉山浩二容疑者(37)=渋谷区代々木=ら男4人を逮捕した。売春のあっせんを約7年3カ月間続け、約8億8700万円を売り上げたとみている。

 同課によると、店には女性従業員約30人が在籍。採用時に「性行為がある」という趣旨の説明を受け、応じていたとみられる。杉山容疑者は調べに対し「まだ言いたくない」と話している。

 逮捕容疑は1月15日、女性従業員(22)を都内のホテルに派遣し、店に電話をしてきた男性客と引き合わせ売春をあっせんしたとしている。

この記事を共有する

おすすめ情報