PR

報知新聞社員の52歳男逮捕 路上で小5男児暴行疑い

PR

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

 通学中だった小学5年の男児(10)の胸ぐらをつかむなどしたとして、警視庁戸塚署は17日、暴行の疑いで、報知新聞社の社員、三浦啓容疑者(52)=東京都新宿区中落合=を逮捕した。署によると「道の歩き方を注意したが、胸ぐらをつかんだりはしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は16日午前8時ごろ、同区の路上で、一人で歩いていた男児に暴行を加えたとしている。男児にけがはなかった。

 戸塚署は10月、三浦容疑者が7月に同区の路上で男子高校生の胸を突き軽傷を負わせたとして傷害容疑で書類送検していた。

 報知新聞社によると、三浦容疑者は病気のため8月下旬から休職していた。同社は「社員の逮捕は極めて遺憾であり、被害に遭われた方に心からおわび申し上げます。事実関係を確認し、警察の捜査結果も踏まえて厳正に対処します」などとのコメントを出した。

この記事を共有する

おすすめ情報