PR

パン詰まらせ男性意識不明 神奈川、県立の障害者施設

PR

 18日午前、神奈川県立の障害者支援施設「中井やまゆり園」(同県中井町)で、入居者の男性がパンを喉に詰まらせて病院に搬送されたが、意識不明の重体となった。県が同日発表した。県は利用者支援に問題がなかったかなど検証する方針。

 県などによると、午前10時10分ごろ、本来入居者が入らない配膳室に男性がおり、パンを食べた痕跡があるのを職員が発見。その後、洗面室に行こうとしたため職員が誘導したが、男性は苦しそうにして倒れたという。

 職員は心肺蘇生を始め、看護師の指示で自動体外式除細動器(AED)も使った。救急隊の到着は10時20分ごろだった。現在は病院で人工呼吸器をつけて治療しているという。同園は主に知的障害者が入居する施設。

この記事を共有する

おすすめ情報