PR

電車にはねられ少年死亡、中学生か 千葉・流山

PR

 16日午前8時10分ごろ、千葉県流山市東深井の東武野田線の踏切で、少年が大宮発柏行きの普通電車にはねられた。少年は意識不明の状態で病院へ運ばれ、約3時間後に死亡が確認された。市内に住む中学生とみられ、流山署が詳しい状況を調べている。

 署によると、事故があったのは運河-江戸川台間の踏切。少年が遮断機を持ち上げて踏切内に入り、線路に立つ様子が目撃されており、自殺の可能性があるという。乗客約130人にけがはなかった。

 東武鉄道によると、事故の影響で上下線計25本が運休するなどし、約9200人に影響が出た。

この記事を共有する

おすすめ情報