PR

アニメ「けものフレンズ」監督に殺害予告 容疑の20代男逮捕

PR

警視庁の看板=東京都千代田区
警視庁の看板=東京都千代田区

 人気アニメ「けものフレンズ」を制作した監督、たつきさんに殺害を予告したなどとして、警視庁が脅迫や威力業務妨害の疑いで、京都府に住む20代の男を逮捕したことが2日、捜査関係者への取材で分かった。ほかにも、制作者や出演した声優ら関係者がネット上で殺害などを予告されており警視庁は関連を調べる。

 捜査関係者らによると、男は4月、インターネット掲示板で、たつきさんに対しナイフで殺害するなどとほのめかす旨の投稿をした疑いがもたれている。

 ネット上では、けものフレンズに出演した声優の女性や家族、制作者らを名指しし、36人が死亡、33人が負傷した京都アニメーション放火殺人事件などを引き合いに放火や刃物での殺害を予告する投稿もあった。

 女性は警察に被害届を提出したことを公式ツイッターで表明。関係者によると、一連の予告を受けて、アニメ制作の作業が中断するなど影響が出たという。

 たつきさんは5月、ツイッター上で、自身や関係者が脅迫を受け、警察に被害届を提出したことを明かしたほか、被害に関する不正確な情報が一部サイトに掲載されているなどとして、削除や訂正を求めていた。

この記事を共有する

おすすめ情報