PR

保護観察の元受刑者逃走、担当者と面会中

PR

 東京保護観察所は9日、窃盗罪で服役し仮釈放中に所在不明となり、いったん連行した男が、保護観察官が面接していた8日午後3時ごろに再び逃走したと発表した。

 男は深見誠元受刑者(34)。身長171・5センチのやせ形で、逃走時は白と黒の横じまのスエット姿だった。所在を調べている。

 深見元受刑者は、懲役1年2月の判決を受け、今年1月22日に仮釈放された。2月16日までが保護観察期間だったが、東京都内の住居から行方が分からなくなり、2月5日に保護観察を停止。その後、所在が判明し、5月8日、東京・霞が関の東京保護観察所の面会室で保護観察官が仮釈放の取り消しなどを検討するため事情を聴いていた。

 東京保護観察所は「多大な不安と迷惑を掛け、おわび申し上げる」とのコメントを出した。

この記事を共有する

おすすめ情報