PR

口論で平手打ち、転倒の妻死亡 傷害容疑で夫を逮捕 警視庁

PR

 自宅で口論になった妻(57)を平手打ちし、床に転倒させて頭にけがを負わせたとして、警視庁小岩署は6日、傷害容疑で、東京都江戸川区上篠崎、会社員、牧野和男容疑者(59)を逮捕した。調べに対し、「妻から稼ぎが悪いといわれ、頭にきてやった」と容疑を認めている。妻は搬送先の病院で死亡が確認されており、同署は今後司法解剖し、暴行と死亡との因果関係を調べる。

 逮捕容疑は5日午後11時15分ごろ、自宅で妻の会社員、美紀さんと口論になり、頭を平手打ちして床に転倒させ、後頭部皮下血腫などのけがを負わせたとしている。

 同署によると、牧野容疑者は約45分後に自ら119番通報しており、警察官が駆けつけた際にはすでに美紀さんの意識はなかった。牧野容疑者は美紀さんと2人暮らしで、5日夕方から事件直前まで一緒に飲酒。美紀さんは「新型コロナウイルス感染症のせいで私の出勤回数が減り、給料が下がる」などと話していたという。

この記事を共有する

おすすめ情報