PR

男性にけが負わせ車破壊の疑い 川崎の兄弟2人逮捕 兄「極真空手で全国優勝」

PR

 交通上のトラブルから、男性に暴行を加えてけがを負わせ、男性の車を破壊したとして、神奈川県警高津署は6日、傷害と器物損壊などの疑いで、川崎市高津区千年新町の自称運送業、郷内稔(すぎや)容疑者(25)と、弟で同市宮前区野川の自称とび職、日向(ひゅうが)容疑者(21)を逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 逮捕容疑は3日午前3時10分ごろ、同市高津区千年の県道で、市内に住む男性会社員(35)の乗る普通乗用車を数回蹴り、車から逃げ出して近くの交番に駆け込んだ男性の顔面を蹴るなどしてけがを負わせたうえ、再び車を蹴るなどし、サイドミラーを破壊したとしている。

 同署によると、2人は飲酒後、自転車に乗っていたところ、男性からクラクションを鳴らされて激高し、犯行に及んだ。稔容疑者は極真空手の有段者で、取り調べに対し、「中学のときに全国優勝した」などと供述しているという。

この記事を共有する

おすすめ情報