PR

元受刑者のコンサルが司法試験合格 「負け犬」から奮起

PR

司法試験に合格した佐藤真言さん。合格証書を手に、詐欺容疑で取り調べを受けた東京地検特捜部がある検察庁の庁舎を見上げた=東京・霞が関(市岡豊大撮影)
司法試験に合格した佐藤真言さん。合格証書を手に、詐欺容疑で取り調べを受けた東京地検特捜部がある検察庁の庁舎を見上げた=東京・霞が関(市岡豊大撮影)

 8年前に東京地検特捜部に詐欺容疑で逮捕、起訴され、実刑判決を受けた経営コンサルタント、佐藤真言(まこと)さん(46)が、9月に発表された今年の司法試験に合格した。当時は自身の罪を受け入れられなかったが、「自分も真っ白ではなかった」と振り返り、「負け犬で終わりたくない」と一念発起。刑期を終えた後、コンサル業を再開しつつ屈指の難関試験を突破した。「社会復帰を目指す人に勇気を与えられる存在になりたい」と意気込んでいる。(市岡豊大)

■「話せば分かるはず…」

 「佐藤さんに家宅捜索令状が出ています」

 平成23年7月6日朝、自宅に突然やってきた特捜部の検察事務官から突きつけられた令状によって佐藤さんの人生は暗転した。

 大手銀行を退職後、中小企業の再建支援コンサル会社を設立。小所帯ながら顧客を数十社抱え、順調に業績を伸ばしてきた。

 佐藤さんは2カ月後の9月15日、逮捕された。

 容疑は詐欺。顧客の社長と共謀し、東日本大震災の復興緊急保証制度を悪用、顧客会社の決算報告書を実際は約1億円の損失だったのに、約2300万円の利益と偽って銀行に提出し、融資金約1億円をだまし取ったなどとされた。

 顧客の中には資金繰りが悪化し、融資を引き出せないと倒産に追い込まれる恐れのある企業もあった。ギリギリまで経費を切り詰め、銀行との返済計画の見直し交渉も検討した上で、最後の手段として決算をごまかすことは確かにあった。

 しかし、佐藤さんはコンサル料以外に顧客から報酬を受け取ったことはなく、悪いことはしていないという自信があった。捜索を受けた当初は「話せば分かってくれるはずだ」と自分に言い聞かせていた。

 疑われた顧客会社は融資をすべて事業資金に回し、約定通りの返済を続け、再建の道を歩んでいた。銀行は取引先が再建して債務を返済してくれればいいはずで、むしろ銀行も暗に粉飾を分かって融資するものだと思っていた。多くの中小企業が決算を粉飾せざるを得ない状況にあったからだ。

■打ち砕かれた期待

 淡い期待は見事に打ち砕かれる。

 特捜部の検事は「いいですか、粉飾は悪だ。銀行をだまして融資を受け取っているのだから」と反論を理解してはくれなかった。「中小企業はつぶれるしかないということか」と尋ねると、「粉飾決算をしている中小企業が何社つぶれることになろうと、それは仕方がないことだ」と返された。

 再建して返すつもりで融資を受けたのに、銀行は被害者と言えるのか。検事は現実経済を知らなさすぎるのではないか。自分のような一般人が本当に裁かれるべきなのか…。

 犯罪に当てはまるのかもしれないが、検事の考えは絶対に間違っている。拘置所の独居房で煩悶(はんもん)しながら決意した。司法試験に合格し、検事と同じ立場でものを言えるようになりたい、と。

 1審でも上級審でも主張は聞き入れられず、懲役2年4月の実刑判決が確定。佐藤さんは593日間、刑務所に入った。

 27年11月に刑期を終えた。かつての顧客に支えられてコンサル業を再開すると同時に司法試験の予備校に通い始めた。電車内で録音された講義を聴いたり、仕事中の待ち時間に手帳のメモを見て勉強したりした。

 元来、「超ポジティブな性格」と自負する。特捜部への復讐(ふくしゅう)というよりも「このままでは、ただの前科者になってしまう。負け犬で終わりたくない」という思いが原動力だった。

■「拘置所に入った経験があるからこそ」

 そして今年9月10日、逮捕された日と同じ秋晴れの下、東京・霞が関の法務省前に設置された掲示板に合格発表を見に行った。自分の受験番号を見つけると、思わず取り調べを受けた特捜部が入る隣の検察庁舎9階を仰ぎ見た。

 「ようやく事件が終わった」。8年分のさまざまな思いが一気にあふれ、涙となった。ずっと支えてくれた妻にすぐに報告した。

 目指すのは容疑者に寄り添う弁護士だ。「拘置所に入った経験があるからこそ、できることがあると思う」

 例えば、逮捕されて接見禁止が付くと家族、同僚、友人などから突然、隔離され、弁護士だけが外界との唯一の接点となる。佐藤さんは接見中、拘置所職員から「あと5分」と言われた弁護士が「はい、もう終わるよ」と応じるのを見て孤独を深めた経験がある。何気ない一言にも容疑者は傷つくことを知っている。

 一方で企業再生コンサルとしての仕事も続ける。弁護士資格があれば仕事の幅も広がる。粉飾という同じ過ちを犯さないよう中小企業の再生支援にもっと力を入れたい。

 ただ、まだ壁は立ちはだかっている。法曹三者(弁護士、検察官、裁判官)になる資格を得るには司法修習を受けなければならないが、現行制度では禁錮以上の実刑を受けると司法修習生になれないとされている。司法試験に合格しただけでは弁護士になる資格を得られない。更生保護の考え方と相いれないと主張していくつもりだ。

 それでも今は、本心から逮捕されてよかったとさえ思える。「事件のおかげで司法試験に合格するきっかけをもらった。逮捕されると周囲の人間との絆を断たれ、卑屈になりがちだが、心持ち次第で一目置かれる存在にもなれると示せた。逮捕、起訴されて絶望している人の星になりたい」

この記事を共有する

おすすめ情報