PR

NHK、立花N国党首に受信料支払い求め提訴 

PR

N国党首の立花孝志氏=27日、参院議員会館(飯嶋彩希撮影)
N国党首の立花孝志氏=27日、参院議員会館(飯嶋彩希撮影)

 「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首(52)が参院議員時代に結んだ受信契約に基づいた受信料を支払っていないとして、NHKは28日、立花氏を相手取って同日、8~9月分の受信料4560円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。

 NHKによると、立花氏に対し、支払いのない場合には法的手続きをとる趣旨の通知を発送していたが、期限までに支払いがなかったため提訴に至った。

 受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル化」を訴える立花氏は8月、参院議員会館の事務所にテレビを設置。NHKと受信契約を締結したが、「契約は立法府が決めた法律だから守る。しかし、支払いは少なくとも国会では決めていない」と述べ、受信料を支払わない考えを示していた。

 立花氏は27日投開票の参院埼玉選挙区補欠選挙に立候補したことに伴い、失職した。

 また、NHKは28日、立花氏に対し、損害賠償金など134万7697円の支払いを求める請求書を送付した。

 NHKによると、立花氏は視聴者を促し、NHKの視聴者宅訪問を不法行為として2件の訴訟を起こしたが、NHKは業務妨害として逆提訴。いずれもNHKが勝訴し、判決が確定している。134万円にはNHKが対応に要した弁護士費用や、遅延損害金、訴訟費用が含まれている。

この記事を共有する

おすすめ情報