PR

目黒女児虐待死判決 裁判員、量刑傾向考慮で葛藤「自分が思ったのとギャップ」

PR

船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパートの前に供えられたメッセージや花=東京都目黒区 
船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパートの前に供えられたメッセージや花=東京都目黒区 

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=を虐待して死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の雄大被告(34)に対する15日の東京地裁判決後、裁判員と補充裁判員が東京都内で記者会見に応じ、過去の同種事案の量刑傾向を考慮しなければならない審理の苦悩や葛藤(かっとう)を口にした。

 地裁は検察側の求刑懲役18年に対し、「同種事案の量刑傾向の中で最も重い部類のものを超えた量刑にするだけの根拠は見いだせない」として、雄大被告に懲役13年を言い渡した。

 裁判員を務めた女性は「感情としては、量刑傾向を少し動かしたいとの思い、裁判員制度を通じて少しずつ重くなるように、との気持ちはあった」と話した。量刑傾向について男性裁判員は「自分が思ったところ(量刑)とのギャップが非常に大きかった」と振り返り、補充裁判員の男性は「最終的な判決には納得しているが、個人的には(懲役)13年を超えた判決でも良かったと思う」と語った。

 公判では、結愛ちゃんが生前に「ゆるしてください おねがいします」などと書いたノートやメモ紙も証拠として提示された。男性裁判員は「衝撃的だった。あの内容を書かせてしまった親に怒り、憤りを感じた」といい、雄大被告には「自分が犯した罪と向き合ってほしい。亡くなった娘さんのことを常に心にとどめ、これから過ごしていってほしい」と強調した。

 公判で雄大被告は、結愛ちゃんのしつけについて「うまくいかず、怒りが増し、暴力の方向に向かった」と述べたが、補充裁判員の女性は「しつけも全て自分のためだったのではないかと思う」と話した。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報