PR

「首相は激甚災害指定に前向き」 台風15号被害で面会の千葉県知事

PR

安倍晋三首相との面談を終え記者団の質問に答える森田健作千葉県知事=18日午後、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相との面談を終え記者団の質問に答える森田健作千葉県知事=18日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は18日、台風15号によって大規模停電などの被害を受けた千葉県の森田健作知事と官邸で面会し、台風15号被害を「激甚災害」に指定するよう要請を受けた。森田氏は面会後、記者団に「非常に前向きな回答を頂いて大変喜んでいる」と語った。

 森田氏によると、首相は「国は相当のスピード感を持ってやっている。日々いろいろ変わってくるので連絡がほしい」などと述べた。面会には自民党の林幹雄幹事長代理ら千葉県選出の国会議員らが同席した。

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、激甚災害指定に関し「被害状況について、まず迅速に調査を行っている段階だ。被災地の皆さんが一日も早く安心して暮らせる生活を取り戻せるよう、引き続き政府をあげて復旧復興に全力を尽くしていきたい」と述べた。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報