PR

千葉の公立学校500超が被害 復旧半年も

PR

台風15号の強風で壁が崩れた千葉県南房総市立富浦中の体育館=13日
台風15号の強風で壁が崩れた千葉県南房総市立富浦中の体育館=13日

 台風15号の影響で、千葉県の小中高を含む全公立学校の4割に当たる548校が、校舎の損壊などの被害を受けたことが18日、県や千葉市のまとめで分かった。県内は同日午前8時時点で約4万9000戸が停電。ほとんどの地域で授業は再開したものの、修理に半年かかる学校も出ている。

 9日未明に最大瞬間風速57・5メートルを観測した千葉市は、7割を超える130校が被災。美浜区の稲浜小では縦20メートル、横37メートルにわたり体育館の屋根が強風で剥がされた。南房総市では、海岸から約800メートルの距離にある富浦中で、体育館の側壁が大きく崩れた。校舎の窓ガラスも割れ、雨水が吹き込み4つの教室が使えなくなった。

 同市では全ての学校が停電から復旧し17日に授業を再開したものの、富浦中では体育館が使えないまま。市内には被害を受けた学校が他にも複数あり、市教育委員会の担当者は「停電から復旧すればいいという話ではない。完全な状態には程遠い」と話している。

この記事を共有する

おすすめ情報