PR

車に挟まれ63歳女性死亡 横浜、台風被害で撤去中

PR

 15日午前11時40分ごろ、横浜市鶴見区末広町の市道で、台風15号の被害により水没、故障した乗用車の撤去作業をしていた神奈川県大和市下鶴間、会社員、片桐緑さん(63)が、別の車との間に挟まれ、搬送先の病院で死亡が確認された。

 鶴見署によると、片桐さんの夫(74)がレッカー車を操作し、故障車を荷台に引き上げようとしていたところ、フックが外れて車が荷台から落ち、近くにいた片桐さんが挟まれたという。署が詳しい経緯を調べる。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報