PR

長野、埼玉で埋却へ

PR

豚コレラに感染した豚が飼育されていた養豚場で進められる殺処分作業=14日午前、埼玉県秩父市(同県提供)
豚コレラに感染した豚が飼育されていた養豚場で進められる殺処分作業=14日午前、埼玉県秩父市(同県提供)

 埼玉県秩父市の養豚場と長野県塩尻市の県畜産試験場で豚コレラ感染が確認されたことを受け、両県は15日までに飼育されていた全頭の殺処分を終えた。死骸の埋却や施設の防疫などの作業を進め、感染拡大の防止に全力を挙げる。

 長野県は14日夜に試験場の全349頭を、埼玉県は15日未明に養豚場の全753頭を、それぞれ処分し終えた。埼玉県は国が指針とする感染の判定から24時間以内となる14日夜の完了を目指していたが、使用する機器の機能が低下したことなどから遅れたという。

 一方、山梨県は15日、秩父市の養豚場から山梨県笛吹市の食肉処理場に出荷され、豚コレラに感染していた豚を含む約170頭分の枝肉など計約20トンの埋却と施設の防疫作業をする。

 飼育豚の豚コレラ発生は養豚場で確認された岐阜、愛知、三重、福井、埼玉に続き長野で6県目。

この記事を共有する

おすすめ情報