PR

電線地下埋設、「前に進めなければ」と国交相

PR

 赤羽一嘉国土交通相は14日、台風15号による千葉県内の大規模停電に関し、復旧の妨げとなっている山間部などの倒木の除去を加速させるため、建設業界にさらなる協力を求める考えを示した。視察先の館山市内で記者団に「スピード感をもって一日も早い復旧を目指す」と述べた。

 赤羽氏は君津市や鋸南町(きょなんまち)なども視察し、被災自治体から「倒木が電線に絡まって危険で早期除去が難しい」と要望があったと説明。経済産業省との連携を強め、現地の情報を収集して建設業界に提供するとした。

 赤羽氏は、今回電柱の倒壊被害が相次いだことを踏まえ、電線地下埋設による全国での電柱撤去について「同じことを繰り返さないため、台風15号の総括として、大変前に進めなければいけない」と述べた。

この記事を共有する

おすすめ情報