PR

阪急京都線 落雷で車両床下から煙も

PR

 11日午後2時35分ごろ、大阪府高槻市の阪急京都線高槻市駅構内で、梅田発高槻市行き普通電車の2両目床下から煙があがる車両故障が発生した。落雷による停電の影響といい、阪急電鉄は詳しい原因を調べる。

 阪急によると、停電が発生したのは京都線茨木市-高槻市間。このトラブルで、京都線と千里線で、運休や遅れが発生。11日中には、平常ダイヤには戻らない見通しで、相互乗り入れする大阪メトロ堺筋線と合わせ、20万人以上に影響が出る見込みという。

 また、大阪高速鉄道によると、大阪府茨木市の大阪モノレール南茨木-沢良宜(さわらぎ)間では、落雷により信号が故障。上り列車で遅れが出ている。

この記事を共有する

おすすめ情報