PR

東電、千葉県内の停電復旧に遅れ 11日朝時点で46万軒で停電続く

PR

停電が続く千葉県市原市の市役所で飲料水を受け取る市民ら=11日午前
停電が続く千葉県市原市の市役所で飲料水を受け取る市民ら=11日午前

 東京電力ホールディングスの送配電事業会社である東京電力パワーグリッド(東京)は11日、東京都内で記者会見し、台風15号による千葉県内の停電が、依然約46万戸残っていると発表した。10日午後7時段階で、停電を12万軒まで減らす見込みとなったと発表していたが、復旧が大幅に遅れた。11日中の全面復旧についても、「見通しが立っていない」とした。

 会見で金子禎則社長は「広域、長時間にわたっての停電でご迷惑をかけており、申し訳ない」と謝罪した。さらに、10日夜の雷雨や、夜間作業の効率が悪いことなどで、復旧作業が遅れていると説明した。

 東電は当初、10日段階で50万戸超あった千葉県を中心とする停電を、11日朝までに約12万戸まで減らし、11日中に全面復旧を目指すと公表。茨城県、静岡県は11日未明までに復旧し、神奈川県でも土砂崩れなどの影響がある一部地域を除いて復旧した。

 しかし、最大で63万7000軒が停電した千葉県内の復旧は大きく遅れている。金子氏は、茨城、静岡などの復旧にあたっていた要員を、千葉県の復旧にあて、最大限の取り組みを進めると説明した。

この記事を共有する

おすすめ情報