PR

韓国が福島食材で質問 パラ選手団長会議始まる

PR

 2020年東京パラリンピックに参加予定の各国・地域の国内パラリンピック委員会(NPC)代表者が集まる選手団長会議が10日、東京都内で始まった。出席者によると、韓国の代表者が選手村で使う可能性がある福島県産食材の安全性について質問し、大会組織委員会は「問題ない」と答えた。

 韓国は8月の五輪選手団長会議でも、東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質の影響を念頭に同趣旨の質問をしたほか、組織委公式サイトの日本地図から竹島(島根県隠岐の島町)の削除を求めるなどした。

 会議は3日間の日程で全182NPCから100のNPCが参加し、国際パラリンピック委員会(IPC)関係者らも含めて約250人が出席。組織委が準備状況を説明するほか、各NPCと個別ミーティングも持ち、意思疎通を深める。各競技会場も視察する。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報