PR

ダイヤ乱れ、広範囲に 山手線は再開ずれ込む

PR

電車が止まったままのJR渋谷駅構内。改札口付近では、待つ人の姿がみられた=9日午前、東京都渋谷区(佐藤徳昭撮影)
電車が止まったままのJR渋谷駅構内。改札口付近では、待つ人の姿がみられた=9日午前、東京都渋谷区(佐藤徳昭撮影)

 台風15号の影響で、首都圏の鉄道は9日、大きく混乱した。JR在来線が全線で始発から計画運休。私鉄や地下鉄も運休があり、ダイヤの乱れが広がった。JR東日本は当初、再開時期を午前8時ごろとしていたが、山手線は倒木のためずれ込んだ。横須賀線など運転再開の見通しが立たない路線もあり、同社が復旧を急いでいる。

 JR東海によると、東海道新幹線は台風が接近したため、8日の最終列車を繰り上げた。9日は安全を確認次第、再開するとしていたが、東京-小田原間で線路に枝やトタンが入っているのが見つかり、始発から一時運転を見合わせた。

 JR東によると、東北、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線でも遅れが出た。

 山手線の倒木は品川-大崎間であり、架線に木が倒れかかっていた。横須賀線では、神奈川県鎌倉市の踏切で警報機が倒れているのが見つかった。

この記事を共有する

おすすめ情報