PR

首都圏JRが計画運休 週明け通勤、通学に影響 台風15号

PR

台風15号の影響、中央線などの運転見合わせが続くJR中野駅=9月9日午前、東京都中野区(早坂洋祐撮影)
台風15号の影響、中央線などの運転見合わせが続くJR中野駅=9月9日午前、東京都中野区(早坂洋祐撮影)

 台風15号の影響で、首都圏の全てのJR在来線は9日、始発から「計画運休」を実施した。多くが午前8時から午前10時ごろまでに運転を開始する見込みだが、横須賀線は再開の見通しが立っていない。週明けの通勤、通学が大きく混乱する見通しだ。東海道新幹線も東京-小田原間で始発から運転を見合わせた。安全確認後に運転を再開する見込み。

 JR東日本によると、山手線品川-大崎間の架線に木が倒れかかっていたほか横須賀線の踏切で警報機が倒れているのが見つかった。首都圏では私鉄や地下鉄の一部も始発から運休。多くの路線でダイヤが乱れている。空の便も羽田空港を発着する便を中心に8日夜以降、欠航が相次いでいる。

 JR東は8日夕、台風の影響が首都圏の広い範囲に広がると予想されることや、台風通過後に点検作業をするため、計画運休を行うことを発表した。

 首都圏のJR在来線では昨年9月30日にも台風の接近に伴い計画運休が実施された。

この記事を共有する

おすすめ情報