PR

台風15号、首都圏直撃も 記録的暴風の恐れ

PR

台風15号の影響で静岡市の海岸に打ち寄せる高波=8日午後
台風15号の影響で静岡市の海岸に打ち寄せる高波=8日午後

 強い台風15号は伊豆諸島の近海から関東や東海に接近し、上陸する見通し。関東甲信を通って9日昼前には東北の東の海に抜けるとみられる。気象庁は8日に臨時記者会見を開き、記録的な暴風やうねりを伴った高波、大雨による土砂災害、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 JR東日本は8日、首都圏の全ての在来線で9日は始発から午前8時ごろまで運転を見合わせると発表。通勤や通学の足に大きな影響が出そうだ。

 航空各社は羽田発着便を中心に多数の欠航を決めた。東海道新幹線は上下線で最終列車を繰り上げ。東名高速や西湘バイパス(神奈川県)は高波警戒で海に近い一部区間が通行止めになった。

 気象庁によると、15号は雲の範囲が小さいのが特徴で、接近すると天気が急変して雨や風が強まる。塩害や停電、交通障害の恐れもある。

この記事を共有する

おすすめ情報