PR

台風13号、東シナ海北上 15号は8日にも列島接近

PR

 非常に強い台風13号は6日、九州の西の東シナ海を北上した。小笠原近海に進む台風15号は8日から9日にかけて東日本に接近・上陸する恐れがある。日本海の前線に向けて暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が安定せず、気象庁は西日本から東日本で7日にかけて土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、6日は三重県四日市市や沖縄県宮古島市で2日間の雨が200ミリに達し、気温は兵庫県豊岡市や鳥取県境港市などで35度を超えた。

 台風13号は6日午後6時現在、風速25メートル以上の暴風域を伴って東シナ海を時速35キロで北に進んだ。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。また15号は6日午後3時現在、風速15メートル以上の強風域を伴って太平洋の南鳥島近海を時速35キロで北西に進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートル。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報