PR

バハマのハリケーン死者20人に 7万人に支援必要

PR

ハリケーンの被害を受けたバハマ北部の島=4日(AP)
ハリケーンの被害を受けたバハマ北部の島=4日(AP)

 大西洋の島国バハマのサンズ保健相は4日、同国を直撃したハリケーン「ドリアン」による死者が20人に達し、さらに増える見込みだと語った。米メディアが伝えた。

 国連人道問題調整室(OCHA)のローコック室長(事務次長)は4日、バハマの首都ナッソーを訪れ「アバコ諸島やグランドバハマ島で7万人以上が緊急支援を必要としている」と強調、国際社会に援助を呼び掛けた。米ホワイトハウスによると、トランプ大統領は4日、ミニス首相と電話会談し、支援を提供することを伝えた。

 ドリアンは4日、米南部ジョージア州東方沖の大西洋を北上し、5段階分類で下から2番目の「カテゴリー2」から再び勢力を強めて「カテゴリー3」に。米ハリケーンセンターは「命に関わる危険」があるとして警戒を呼び掛けた。(共同)

この記事を共有する

おすすめ情報