PR

台風13号、先島諸島最接近 暴風や高波警戒、気象庁

PR

ゲリラ豪雨の中で進む自転車=5日午後、大阪市浪速区(恵守乾撮影)
ゲリラ豪雨の中で進む自転車=5日午後、大阪市浪速区(恵守乾撮影)

 非常に強い台風13号は5日、勢力を維持しながら沖縄の南の海上を北に進んだ。同日昼ごろに暴風域を伴い先島諸島に最接近し、その後東シナ海を北上する見込みで、気象庁は暴風や高波に厳重な警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風13号は5日午前10時現在、宮古島の南約60キロの海上を時速約15キロで北に進んだ。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径130キロ以内は風速25メートル以上の暴風となっている。

 宮古島では同日午前、最大瞬間風速35・6メートルを観測した。6日にかけて予想される沖縄の最大風速(最大瞬間風速)は45メートル(60メートル)、波の高さは10メートル。6日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で180ミリ、その後の24時間は50~100ミリ。気象庁は浸水や河川の増水にも注意が必要としている。

この記事を共有する

おすすめ情報