PR

「スーパーボランティア」尾畠さん、9日の表彰式欠席へ 佐賀大雨支援で

PR

 内閣府は3日、「令和元年防災功労者防災担当大臣表彰」の受賞者の一人として、「スーパーボランティア」として知られる大分県日出町の尾畠春夫さん(79)を選んだと明らかにした。9日に東京で表彰式を開くが、尾畠さんは取材に対し「当日は(大雨被害が出た)佐賀県でボランティア活動をするため、出席できない」と話した。

 内閣府は、車に生活用具を積み込んで東日本大震災や熊本地震などの被災地で支援活動を続け、他のボランティアの模範となったことを評価した。

 尾畠さんは8月28日に記録的大雨に見舞われた佐賀県武雄市にも入った。いったん自宅に戻ったが、再び現地に向かうという。内閣府の担当者は「(欠席は)承知しており、大分県を通じて賞状を渡したい」としている。

この記事を共有する

おすすめ情報