PR

山形県と市が合同総合防災訓練 防災の日前に

PR

ボランティア住民らは半壊した家屋から被災者を保護する訓練を行った=31日、山形市の霞城公園(柏崎幸三撮影)
ボランティア住民らは半壊した家屋から被災者を保護する訓練を行った=31日、山形市の霞城公園(柏崎幸三撮影)

 9月1日の防災の日を前に、山形県と山形市の合同総合防災訓練が31日、山形市の霞城公園などで実施され、自然災害時の対応と連携を確認した。

 訓練は、31日午前8時半ごろ、山形盆地断層帯を震源とするマグニチュード7・3と推定される直下型地震が発生し、村山地域は震度6強の揺れで建物倒壊や電気・通信、水道、ガスなどライフラインに甚大な被害が発生したと想定。山形県、山形市、山形県警、山形市消防本部、陸上自衛隊、東北経済産業局、東北電力、山形ガスなど関係機関約1700人が参加して行われた。

 訓練は、関係機関が燃料連携訓練、ライフライン応急対応訓練、倒壊家屋からの救助訓練など得意分野ごとに分かれ、相互の連携を確認する訓練を行った。自主防災組織としてボランティア参加した山形市西下条町内会の住民も地元消防団などと連携し、倒壊家屋の安否確認や要保護者の搬送を手伝った。

 会場内では、山形市女性防火連絡協議会が炊き出し訓練を実施。大釜でご飯を炊き、おにぎりを作ったり、湯を入れるだけで温かいご飯になるアルファ米の提供などを行った。

 避難所が開設された市立第七小学校体育館には、予想を超える住民200人以上が避難した。初実施のペット受け入れ訓練では、イヌ6匹が住民とともに避難した。市防災アドバイザーの佐藤明さんは「山形市は災害が少ないが、こうした訓練を通じて住民らの防災意識を高めていきたい」とした。ペットの受け入れ訓練についても「今回の訓練を教訓に他地域でも普及していきたい」と話した。

この記事を共有する

おすすめ情報