PR

大雨から一夜、死者3人に避難者、6県1900人超 九州北部豪雨

PR

九州北部での大雨の影響で大町町の順天堂病院が孤立した。水はいまだ周辺に溜まったまま=29日午前、佐賀県大町町(納冨康撮影)
九州北部での大雨の影響で大町町の順天堂病院が孤立した。水はいまだ周辺に溜まったまま=29日午前、佐賀県大町町(納冨康撮影)

 九州北部を襲った猛烈な雨で29日、佐賀県武雄市の浸水住宅から女性1人の遺体が見つかった。一連の大雨による死者は3人となった。総務省消防庁によると、午前6時半現在、同県や福岡県など九州5県と山口県で1900人以上が避難所に身を寄せている。

 気象庁は29日も断続的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。30日にかけて、西日本から北日本の広い範囲でも、雷を伴った激しい雨が降るとしている。

 一方、佐賀県や大町町は、冠水し孤立状態になった同町の順天堂病院について周辺の水位をにらみながら、詳しい被害状況の把握に乗り出す。

 佐賀県警武雄署によると、29日午前4時半ごろ、武雄市北方町志久の浸水した住宅1階で女性が死亡していると住人の家族から119番があった。亡くなったのはこの家に住む90代女性とみられる。

この記事を共有する

関連トピックス

おすすめ情報