PR

JRや西鉄、運休相次ぐ 九州北部、大雨の影響

PR

大雨の影響で道路が冠水し、立ち往生したタクシー=28日午前8時、佐賀市
大雨の影響で道路が冠水し、立ち往生したタクシー=28日午前8時、佐賀市

 九州北部の大雨の影響で、JR九州は28日午前から福岡、佐賀、長崎の3県を中心に特急と在来線の一部で運休などを決めた。西日本鉄道も、一部の路線や高速バスの運行を取りやめた。

 JR九州によると、雨量が規制値に達したため、午前9時半時点で博多と長崎、佐世保、ハウステンボス、別府を結ぶ特急を始発から運休。博多と由布院、別府を結ぶ「ゆふいんの森」も一部運休を決めた。九州新幹線は通常通り運行。

 在来線は、鹿児島本線、筑肥線、唐津線、長崎本線、佐世保線、久大(きゅうだい)本線など計10路線の一部区間で運転を見合わすなどした。

 西鉄は同日午前9時50分時点で、天神大牟田線と甘木線の一部区間で運転を取りやめた。高速バスは福岡-阿蘇など4路線を終日運休とし、福岡と九州各地を結ぶ計18路線の運行を始発から見合わせた。

この記事を共有する

おすすめ情報