PR

佐賀駅構内、くるぶしまで浸水 未明から猛烈な雨

PR

大雨の影響で浸水したJR佐賀駅の構内=28日午前8時45分、佐賀市
大雨の影響で浸水したJR佐賀駅の構内=28日午前8時45分、佐賀市

 未明から猛烈な雨に見舞われた佐賀県内では28日、道路の冠水が相次ぎ、多くの車両が水没して動けなくなった。JR佐賀駅構内も浸水し、流れ込んだ水がくるぶしの上くらいまでたまった。

 佐賀駅は長崎線などが運転を見合わせた。通行人は靴を脱いだり、ズボンの裾をまくったりして、水しぶきを上げながら行き来した。

 佐賀市の会社員、松尾貴昭さん(56)は「普段なら家から駅まで5分ぐらいだが、膝まで水に漬かって歩きにくく、1時間ほどかかった。列車が動いていないので、会社に行かず家に帰るしかない」とあきらめ顔。

 短パンとサンダル姿で駅の様子を確かめに来た会社員、梶原千明さん(35)は、家が山に近いため、土砂崩れを警戒して前日から駅近くのホテルに宿泊。「電車も車も使えなくてどうしようもない。しばらくホテルにこもる」と疲れた様子で話した。

この記事を共有する

おすすめ情報