PR

局地的な大雨の恐れ 前線影響、災害に警戒

PR

大阪南部で大雨 一時線路が冠水した近鉄の土師ノ里駅=19日午後、大阪府藤井寺市(彦野公太朗撮影)
大阪南部で大雨 一時線路が冠水した近鉄の土師ノ里駅=19日午後、大阪府藤井寺市(彦野公太朗撮影)

 前線の影響によって、東日本から西日本の広い範囲で21日夜にかけて局地的な大雨になる可能性があるとして、気象庁は20日、土砂災害や河川の氾濫などに警戒と注意を呼び掛けた。落雷や竜巻などの恐れもある。

 気象庁によると、東シナ海から西日本の日本海側を通って関東へ前線が延び、南から暖かく湿った空気が流入。大気の状態が不安定になり、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るとみられる。 

 前線は西日本では次第に北上するが、東日本では停滞するため、21日夜にかけて大雨の恐れが続く見込み。

 21日午前6時にかけて予想される雨量はいずれも多いところで、九州北部が120ミリ、九州南部と東海、北陸が100ミリ、中国と近畿が80ミリ、四国と関東甲信が60ミリ。

この記事を共有する

おすすめ情報