PR

阪神高速封鎖、28日も午前6時から再開

PR

G20大阪サミット 封鎖された阪神高速の入り口=27日午後、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)
G20大阪サミット 封鎖された阪神高速の入り口=27日午後、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)

 大阪市で28、29日に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で、大阪府警は阪神高速環状線などの交通規制について、27日午後10時ごろに全面通行止めをいったん解除。28日午前6時ごろから再開し、29日午前0時ごろまで続く見込みと明らかにした。

 府警によると、阪神高速の全面通行止めが始まった27日は規制による目立った渋滞はなかった。一方、サミットが始まる28日からは、参加する37の国や国際機関の首脳らが断続的に移動を繰り返すため、27日よりも一般道で頻繁に通行止めが実施される見込みで、府警は引き続き車の利用自粛を求めている。

 平成7年に大阪市で開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)では、交通規制が始まった初日は規制による渋滞は発生しなかったものの、2日目以降は「予想外に走れる」と車の利用が増加し、改めて関連団体に車の利用自粛を求める文書を出すこととなったという。

 一方、関西国際空港から大阪市内方面に向かう阪神高速湾岸線の通行止めは、28日は午前6時ごろから始まるものの正午ごろには解除される予定。

この記事を共有する

おすすめ情報