PR

サミットで阪神高速の大規模規制始まる G20

PR

阪神高速・法円坂の入り口を封鎖する作業を行う警察官ら=27日午前6時7分、大阪市中央区
阪神高速・法円坂の入り口を封鎖する作業を行う警察官ら=27日午前6時7分、大阪市中央区
その他の写真を見る(1/4枚)

 大阪市で28、29日に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で、各国首脳らが27日早朝から大阪入りし、高速道路や一般道での大規模な交通規制が始まった。

 同日午前6時ごろ、大阪市中央区の阪神高速・法円坂の入り口では、山形県警の警察官らが入り口の前に「G20大阪サミットのため封鎖されます」との看板やカラーコーンを置き、高速に入ろうとする車を一般道に誘導していた。

 阪神高速は30日までの4日間、大阪市内を走る環状線など10路線で早朝から深夜まで全面通行止めになるほか、首脳らの動きによってはほかの路線も一時的に通行止めとなる。27日の規制は午後10時ごろまで続く見込み。

 一般道も首脳らが宿泊するホテル周辺など大阪市内9カ所で、首脳らの移動に合わせて通行止めとなる。また、会場の国際展示場「インテックス大阪」(大阪市住之江区)がある人工島・咲洲(さきしま)や関西国際空港に入る車はすべて検問の対象となるほか、首脳らが宿泊するホテル周辺も検問などの警戒が強化されている。

 大阪府警のホームページなどで規制の詳しい内容を説明している。

この記事を共有する

おすすめ情報