PR

有力情報に謝礼金 埼玉の小4ひき逃げ事件

PR

 埼玉県熊谷市で平成21年に小学4年の小関孝徳君=当時(10)=が死亡した未解決のひき逃げ事件で、県警熊谷署は24日、容疑者逮捕に結び付く有力な情報の提供者に、100万円の謝礼金が支払われると明らかにした。自動車運転過失致死罪(当時)の公訴時効が今年9月30日に迫っており、情報を求めている。

 署によると、謝礼金は東京都杉並区の男性会社員(34)から提供された。男性は、孝徳くんの母、代里子さんのブログで事件の時効が迫っていることを知ったといい、「早く犯人が捕まるよう、何か協力したいと思った」と話しているという。

 事件は21年9月30日午後6時50分ごろ発生。自転車で帰宅中の孝徳君が車にはねられ死亡した。道交法違反(ひき逃げ)罪の公訴時効は28年に成立している。

 代里子さんは取材に「息子のために考えてくださり、本当にありがたい」と話した。情報提供は熊谷署048(526)0110まで。

この記事を共有する

おすすめ情報