PR

「死ねと言われた」…死亡前、母に相談 前橋の高2女子

PR

遺影の前で伊藤有紀さんの好きだったアニメのキャラクターが描かれたカードを手にする父親=9日午後、前橋市
遺影の前で伊藤有紀さんの好きだったアニメのキャラクターが描かれたカードを手にする父親=9日午後、前橋市

 前橋市で2月、群馬県立高2年の女子生徒(17)が電車にはねられ死亡する事故があり、生徒が亡くなる約1週間前に「同級生から『死ね』と言われた」と母親に相談していたことが9日、両親への取材で分かった。生徒は勢多農林高2年の伊藤有紀さんで、県警は自殺とみている。

 両親によると、有紀さんが「もうつかれた 私はその言葉で傷ついて泣いてきたのに こんな世界もうバイバイ」などと書いた、学校でいじめがあったことをうかがわせる二十数枚のメモを残していた。

 有紀さんの父親は取材に対し、「家にいると場を明るくしてくれる元気な子だった。高校に入って人が変わったように暗くなった。悔しくて仕方がない」と述べ、高校側に徹底した調査を求めた。

 県警によると、有紀さんは2月1日午後7時ごろ、前橋市の上毛電鉄大胡-樋越間の踏切で、電車にはねられ死亡した。

この記事を共有する

おすすめ情報