PR

やけど負った長女を放置 22歳母親と同居の男を逮捕

PR

橋本容疑者らが暮らすアパート=5日、横浜市鶴見区(河野光汰撮影)
橋本容疑者らが暮らすアパート=5日、横浜市鶴見区(河野光汰撮影)

 やけどを負った長女に治療を受けさせず放置したとして、神奈川県警鶴見署は5日、保護責任者遺棄の容疑で横浜市鶴見区梶山の無職、橋本佳歩容疑者(22)と、同居する自称運転手の田中聡容疑者(21)を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 逮捕容疑は重度のやけどを負った橋本容疑者の長女(3)に治療を受けさせず4日正午ごろ、自宅アパートに放置したとしている。

 同署によると橋本容疑者は長男(5)、長女の2人の連れ子とともに田中容疑者と昨年11月ごろから生活していた。4日夕、長男が近所の男性方を訪れ、「ママがいない」などと話した。男性は長男を自宅まで連れて行ったが「入りたくない」などといい泣き出したため、異変を察して同署に通報した。

 駆けつけた同署員が施錠されていない自宅室内から、背中から腰にかけて重度のやけどを負い、上からラップを巻かれた状態で布団に寝かされている長女を発見した。長女は救急搬送され、3カ月以上の入院が必要と診断された。橋本容疑者らは同日午後9時ごろに帰宅し、同署員に「正午ごろからパチンコに行っていた」などと話したという。

 橋本容疑者は長女のやけどについて「今月はじめにシャワーを浴びた際に誤って熱湯をかけた」「やけどを治すには、体をラップで覆うとよいと、インターネットで見た」などと供述しており、同署は引き続き詳しい経緯を調べている。

この記事を共有する

おすすめ情報