PR

包丁で妻切りつけ 殺人未遂容疑で63歳男逮捕

PR

 妻を包丁で刺して殺害しようとしたとして、埼玉県警大宮署は12日、殺人未遂の疑いで、さいたま市北区東大成町の無職、五十嵐誠司容疑者(63)を逮捕した。「妻の言葉で頭にきた。殺すつもりで刺した」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は12日午前4時10分ごろ、自宅で妻(55)の胸などを包丁で刺し、殺そうとしたとしている。

 その後、五十嵐容疑者が「妻を刺した。私も首を切っている」と110番通報し、駆けつけた同署員が血を流して倒れている五十嵐容疑者と妻を発見した。2人は病院に搬送されたが命に別条はないという。同署は詳しい動機を調べている。

この記事を共有する

おすすめ情報