PR

サロン専用の人気シャンプーをネット販売 美容室店長の男らを送検

PR

 美容室専売品の人気シャンプーやトリートメントなどを化粧箱から出し、本体の製造番号を削り取ってインターネットオークションで販売したとして、警視庁生活環境課は6日、医薬品医療機器法違反の疑いで、東京都渋谷区の美容室「ヘアサロンRiku」店長の男(45)=港区=ら3人と法人としての運営会社など2社を書類送検した。3人は「メーカーにばれないようにやった」などと容疑を認めている。

 送検容疑は、平成29年6月ごろから30年11月ごろまでに計5回、人気メーカー「ミルボン」(中央区)のシャンプーやトリートメントを成分が表示された箱から出し、製品番号を削るなどした上で計5点をネットオークションで大阪府の40代男性ら4人に約2万1千円で販売したとしている。

 同課によると、男らは同期間に約880件を出品し、約580万円を売り上げていた。同社の設定価格とほぼ同額で販売し、仕入れ値との差額を得ていたという。同社から30年7月に告発があり、捜査を進めていた。

この記事を共有する

おすすめ情報