PR

高校で出産、男児死亡 16歳少女を書類送検

PR

 千葉県市原市の高校で6月、生後間もない男児の遺体が見つかる事件があり、市原署は20日、学校のトイレで出産後、救護せずに死亡させたとして、重過失致死の疑いで、当時生徒だった少女(16)を書類送検した。

 署によると、少女は「赤ちゃんが泣かなかったので死んでいると思った」と供述している。

 書類送検容疑は6月18日、出産した男児が亡くなっていると思い込み、119番するなど必要な医療措置を取らずに死亡させた疑い。

 少女は男児を1階のトイレの窓から外に投げ落としたといい、別の生徒が見つけ、教員が署に通報した。発見時はへその緒が付いていた。

この記事を共有する

おすすめ情報