PR

東京・渋谷の雑居ビルでパチスロ賭博 従業員ら6人逮捕

PR

 違法なパチスロ機で客に賭博をさせたとして、警視庁保安課は、常習賭博の疑いで、東京都渋谷区道玄坂のパチスロ賭博店「JAC」従業員、撹上(かくあげ)隆容疑者(48)ら従業員3人を現行犯逮捕した。撹上容疑者ら2人は「スポーツ新聞の求人広告をみて(応募して)働くようになった」と供述しているという。

 同課によると、求人広告では「アミューズメント施設」としていたとされる。同庁は店の経営者についても捜査を進めている。

 同課によると、店では客に1点20~40円で換金可能な点数を賭けさせていた。店は雑居ビルの2階にあり、今年3月下旬に営業を始めた。平均で1日30~40万円を売り上げていた。

 逮捕容疑は28日、同店内に賭け率の高い違法なパチスロ機39台を設置し、客に賭博をさせたとしている。保安課は、客の30代の男3人も賭博の現行犯で逮捕した。

この記事を共有する

おすすめ情報