PR

2カ月男児が自宅で死亡 顔に傷 小学4年の兄を児相に通告 警視庁

PR

 27日午前6時50分ごろ、東京都内の共同住宅で、生後2カ月の三男が寝室のベッドの下に倒れているのを40代の母親が見つけた。三男は搬送先の病院で死亡が確認された。顔にたたかれたような痕があり、警視庁少年事件課は同日、自宅にいた小学校4年の次男(9)が三男をたたいてけがを負わせ、死亡させたとみて、児童福祉法に基づく要保護児童として児童相談所に通告した。

 同課によると、次男は発達障害の疑いがあるとみられ、両親ときょうだいの6人暮らし。当時、両親と長女(8)は外出中で、自宅には死亡した三男と次男、長男の3人がいた。就寝していた次男が三男が泣いていることに気づき、あやそうとしたが泣き止まなかったため、顔をたたいてしまったとみられる。

 帰宅した母親が、鼻から出血してぐったりしている三男を見つけ、119番通報。駆けつけた救急隊員が警視庁に通報した。

この記事を共有する

おすすめ情報