PR

拾得物の現金28万円 自分が落としたと偽りだまし取る 詐欺罪で高井戸署巡査起訴

PR

 拾得物の現金を自分が落としたと偽り、だまし取ったとして、東京地検立川支部は20日、詐欺罪で高井戸署地域課巡査の柳橋純容疑者(24)=相模原市=を起訴した。

 起訴状によると、2月26日、町田署で拾得物として預かっていた現金28万円を自分の遺失物だと偽り、だまし取ったとしている。

 警視庁によると、現金は2月中旬、東京都町田市内の食料品店に落ちているのが見つかり、同署に届けられた。柳橋被告が警察官だと明かさずに受け取りに来た後、別の男性が「現金を落とした」と申し出たため発覚。警視庁が2月28日に詐欺容疑で逮捕していた。

この記事を共有する

おすすめ情報