産経ニュース for mobile

米軍機が湖にタンク投棄 シジミ漁船近くに落下 全面禁漁「非常に痛い」

記事詳細

米軍機タンク投棄

米軍機が湖にタンク投棄 シジミ漁船近くに落下 全面禁漁「非常に痛い」

更新
最近の主な米軍機トラブル 4/4枚

 米軍三沢基地所属のF16戦闘機が20日、燃料タンクを投棄した青森県東北町の小川原湖では当時、半径500メートルほどの範囲でシジミ漁の船約10隻が操業中だった。シジミ漁をしていた山田正彦さん(52)によると、轟音(ごうおん)がして氷の張った湖の上に物体が落ち、約15メートルの水しぶきが上がった。「すごい水しぶきで驚いた。当たっていたらと思うと冗談じゃない。けが人がいなくて良かった」と話した。

<< 下に続く >>

 小川原湖での年平均のシジミ漁獲量は約1200トンを誇る。小川原湖漁協によると、この日は約100隻が操業、タンクが落ちた湖の南側の現場付近では当時4、5隻が漁をしていた。20日に採った分も油が付着した可能性があるため、念のため出荷を見送った。主にシジミとワカサギ、シラウオの漁に影響するという。

 現場に向かった同漁協の職員、沼田広樹さん(53)によると、落下したとみられる場所は、氷に直径約10メートルの穴ができていた。周囲の氷の上にはタンクの破片とみられる金属片が散乱。「強烈な油の臭いが立ち込めていた」という。

 漁協職員の細井崇さん(45)は、漁期の最中に決まった全面禁漁について「非常に痛い。風評被害も心配だ」と表情を曇らせた。

 現場は三沢基地から近い湖の南東側。山田さんは「落下前、基地のそばでよく聞く飛行機の音とは違う、異常に高くてうるさい音が聞こえた」と話した。

写真ギャラリー

  • 米軍のF16戦闘機から投棄された燃料タンクの一部とみられる金属片=20日、青森県東北町の小川原湖 (小川原湖漁協提供)
  • 米軍のF16戦闘機=平成29年8月、青森県の三沢基地
  • 三沢基地