産経ニュース for mobile

女子高校生に痴漢後、男が線路に逃走か JR中野駅 約4万7千人に影響

記事詳細

女子高校生に痴漢後、男が線路に逃走か JR中野駅 約4万7千人に影響

更新
警視庁本庁舎玄関=2017年2月21日、東京都千代田区(春名中撮影) 1/1枚

 26日午前7時40分ごろ、東京都中野区のJR中野駅で、「娘に痴漢した男が線路に飛び降りて逃げた」と母親から110番通報があった。警視庁中野署が都迷惑防止条例違反などの疑いで、逃げた男の行方を追っている。

<< 下に続く >>

 同署などによると、被害に遭った高校生の少女(17)は母親と一緒にJR中央線の豊田発東京行き快速電車に乗っており、車内で痴漢被害に遭った。2人は男と一緒に中野駅で降りたが、男は突然、線路に飛び降り、新宿方面に逃走したという。男は40代くらいで短髪、紺のダウンジャケットを着ていた。

 JR東日本によると、この事件により中央線快速などに遅れが生じ、約4万7千人に影響が出た。