産経ニュース for mobile

元検事総長の前田宏氏が死去、91歳 リクルート事件を捜査指揮

記事詳細

元検事総長の前田宏氏が死去、91歳 リクルート事件を捜査指揮

更新
死去した前田宏氏 1/1枚

 リクルート事件の捜査を指揮した元検事総長の前田宏(まえだ・ひろし)氏が昨年12月25日、老衰のため死去した。91歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族で既に行った。

<< 下に続く >>

 東大法学部卒業後の昭和26年、検事に任官。甲府地検検事正、法務省刑事局長、法務事務次官、東京高検検事長などを経て、63年に戦後17代目の検事総長に就任。平成2年の退官後、弁護士登録した。

 東京高検検事長在任中に、撚糸工連汚職事件、旧平和相互銀行の不正融資事件の捜査に携わり、検事総長在任中にはリクルート事件の捜査を指揮した。11年に勲一等瑞宝章を受章した。