産経ニュース for mobile

児童養護施設で男性職員が3女児に性的虐待 北海道

記事詳細

児童養護施設で男性職員が3女児に性的虐待 北海道

更新

 北海道内の児童養護施設で平成25年8月から26年3月にかけ、男性職員(当時)が女児3人に性的虐待を繰り返していたことが4日、道への取材で分かった。女児1人の後見人が損害賠償を求めて道を提訴。28年3月、道と施設を運営する社会福祉法人がそれぞれ200万円を支払うなどの条件で和解した。

<< 下に続く >>

 児童養護施設には、保護者の不在や虐待などの事情で、家庭で生活できない子供が入所している。道によると、男性職員は消灯後の居室に侵入し、女児2人の胸や下半身を触ったほか、他の女児1人と施設内で複数回にわたって性交渉を持った。女児が別の職員に相談して発覚し、男性職員は26年4月に懲戒解雇となった。その後、強制わいせつと児童福祉法違反などの罪で懲役4年6月の実刑判決が確定した。

 道は26年8月、児童福祉法に基づき社会福祉法人に再発防止を求める改善勧告をした。相談を受けた職員から施設長への報告も遅れたといい、道は「必要な対応を取らず放置した」と指摘した。